アジフライカンパニー KADOYA - 角屋食品

令和4年度 鳥取MBAプロジェクト(西部地区)終了しました。

1/18および1/21に

 

鳥取県 THE FLAP BASE

 

とともに開催した

 

鳥取MBAプロジェクト

 

鳥取で体験!MBA模擬講義」が

 

無事終了しました。

 

 

 

合計20名を超える方々に

 

ご参加いただけましたこと

 

心から感謝いたします。

 

ほとんどの方がケースメソッド

 

初体験だったにもかかわらず、

 

積極的な発言と議論により

 

とても充実した「学びの場」を

 

つくりだすことができました。

 

今後、引き続き鳥取県中部(2/1)、

 

東部(2/15)にて模擬講義を

 

開催して参りますので、

 

MBAや経営学に興味のある方は

 

ぜひ、ご参加ください。

(エントリーはこちらから)

 

 

また、本格的に学びたい方向けに

 

講義を開講します。

 

詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

 

3月開講予定の単科講義

 

 

今後も

 

鳥取県 THE FLAP BASE

 

とともに

 

地域のビジネス人材育成に

 

貢献して参ります。

講演会:「みんなに愛される “アジフライ”の 誕生秘話」

2023年2月4日、境港市民図書館

 

ブラウジングコーナーにて

 

当社代表の角谷が講演を行います。

 

 

アジフライカンパニーKADOYAの

 

誕生からこれまでの歩みについて

 

お話しさせていただきます♪

 

 

詳細は境港市民図書館

 

イベントページをご覧ください。

 

定員は30名となっております。

 

 

ご応募お待ちしております!

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

当社は2017年より

 

アジフライカンパニーを謳い

 

「今までで一番美味しい」と

 

言っていただけるアジフライを目指し

 

原料の調達から保管方法、

 

製造工程、包装素材、輸送手段…

 

様々な改善を行ってまいりました。

 

 

また、少しでも当社アジフライの

 

存在を知っていただき、

 

一口でも食していただけるよう

 

すみっコぐらし™との

 

コラボレーションや

 

クラウドファンディングによる

 

クラフトアジフライ「鯵王」の

 

挑戦などを行ってまいりました。

 

 

昨年はアジフライと

 

エビフライとのセットを販売し、

 

本当に多くの方に

 

当社アジフライを

 

召し上がっていただくことが

 

できたと考えております。

 

 

コロナ感染拡大、

 

円安による原料高、

 

アジの不漁など、

 

アジフライ製造を取り巻く環境は

 

日々厳しさを増していますが、

 

全国の皆さんに

 

「アジフライと言えばKADOYA」

 

と言っいただける時を夢見て、

 

精進してまいります。

 

 

本年もご愛顧のほど

 

よろしくお願いいたします。

株式会社角屋食品

代表取締役 角谷直樹

当社代表が講師を務める勉強会がスタート(限定公開)

鳥取県が主催する

 

とっとりビジネス学習コミュニティ

 

「THE FLAP BASE」

 

の勉強会に当社代表の

 

角谷が講師として登壇。

 

 

社会人になってからの

 

学びの重要性に加え

 

ハーバード流ケースメソッドも

 

体験いただける

 

山陰では貴重な機会と

 

なっております。

 

 

また境港会場は

 

今年竣工した

 

当社研究開発棟

 

 

参加費は無料ですので

 

キャリアアップや

 

経営学の学びに

 

ご興味のある方は

 

ぜひご参加ください。

 

エントリーはこちらから!

あげっコBOXを〝発売〟しました

 

あじふらい、えびふらいを

 

もっと楽しく

 

召し上がっていただくために

 

制作したあげっコBOX

 

この度〝発売〟しましたので

 

お知らせいたします。

 

 

 

食卓に笑顔が少しでも増えるように、

 

また、特にお魚に

 

苦手意識を持っているお子さまに

 

アジフライを食べてもらうため

 

私たちに何ができるか

 

考え始めたのがあげっコBOX

 

開発のきっかけでした。

 

 

構造・デザインのヒントは

 

昨年リリースした

 

高級クラフトアジフライ

 

『鯵王』

 

のパッケージ。

 

ヒントとなった『鯵王』のパッケージ

 

 

『鯵王』を梱包している箱を

 

ミシン目に沿って2つに割ると

 

アジフライ立てになるように

 

工夫されているのですが、

 

こちらが「意外に便利」と

 

好評いただいたことを

 

手掛かりに開発を進め

 

2022年10月に製造。

 

 

あじえびなかよしセットの

 

“おまけ”として

 

お買い上げいただいた方々に

 

使用してもらおうと考えました。

 

当初“おまけ”として開発したあげっコBOX

 

 

反響やコメントを期待し

 

SNSを覗いていたのですが

 

フライと共に食卓に

 

BOXが並んでいるような

 

写真は想定より少なく、

 

公式Twitterで

 

「どうしたらもっと

使ってもらえるのかな?」

 

とつぶやいたところ

 

フォロワーの皆さまから

 

「もったいなくて使えない」

 

とのお声が多数寄せられました。

 

 

 

ご意見をもとに早速

 

社内外の関係者と

 

話し合って決めたのが

 

あげっコBOXの商品化でした。

 

 

ご負担の少ないように

 

可能な限り価格を抑え、

 

すみっコぐらし™

ていねいな仕事のあじふらい(4P入)

 

あじえびなかよしセット

 

と同梱すれば

 

送料は無料となるよう工夫しました。

 

 

すみっコたちの可愛さと

 

アジフライの美味しさで

 

食卓に笑顔があふれますよう

 

鳥取県から願っています♡

そ~だったのかンパニーにKADOYAが登場!

2022年11月27日、

 

テレビ新広島(TSS)が制作する

 

そ~だったのかンパニー

 

アジフライカンパニーが登場!

 

 

高級クラフトアジフライ「鯵王」や

 

すみっコぐらしとのコラボなど

 

KADOYAの取り組みされました。

 

 

同番組は中国地方で

 

根強い人気を誇る長寿番組。

 

取り上げていただけて

 

とても光栄でした。

 

また、今回の番組出演が

 

大きな刺激となり

 

新たなチャレンジも始まっています。

 

 

今後も楽しさや面白さを創造し、

 

子供の食育や教育に

 

貢献できるよう努めて参ります。

“鯵王”ホワイトラベルの販売を開始しました

全国的にご注目いただいております

 

究極のクラフトアジフライ

 

「鯵王」ですが

 

製造期間を限定しているため

 

どうしても製造可能な量が限られ、

 

ご希望する方すべてに

 

ご購入いただくことが

 

とても難しい商品となっています。

 

そこで、コンセプトを一新した

 

ホワイトラベルの「鯵王」を開発し

 

この度販売を開始しましたので

 

お知らせいたします。

 

 

アジ原料には刺身で

 

召し上がることができる品質の

 

生のアジのみを使用。

 

当社が通常製造している

 

アジよりも2倍大きく、

 

肉厚なものを使っています。

 

大ぶりのアジであるため、

 

血合い骨

(背側と腹側の間にある骨)

 

も1本ずつ人の手によって

 

可能な限り取り除いています。

 

大ぶりのアジだからこそ

 

感じていただける肉厚さや

 

ザクッフワッ

 

といった食感を味わえるよう

 

デザインされています。

 

ブラックラベルとはひと味違った

 

あっさりとしたやさしい

 

テイストをお楽しみください。

 

現在のところ、

 

髙島屋お歳暮

バンカーズチョイス

 

2サイトから

 

ご購入できます。

 

是非一度お試しくださいませ。

すみっコぐらし™10周年記念!『 いつかを夢みるえびふらい』販売開始!

“しっぽ”まで大切に扱い、

 

丁寧につくるアジフライは

 

(株)角屋食品の看板商品であり、

 

かねてよりすみっコぐらし™の

 

人気キャラクター

 

あじふらいのしっぽとの

 

コラボレーション商品を

 

販売して参りました。

 

これまで多くのお客様から

 

「エビフライも作ってほしい」

 

とのご要望をいただいておりましたが、

 

KADOYAは

 

“アジフライカンパニー”を謳い

 

アジフライに特化してきたことから

 

製造ラインや

 

アレルゲン管理等の制約により

 

実現させることができませんでした。

 

 

しかし、この度

 

信頼できるエビフライメーカーの

 

ご協力により製造が実現!!

 

すみっコぐらし™

 

誕生10周年を記念しまして、

 

えびふらいのしっぽ との

 

コラボ商品

 

『すみっコぐらし™いつかを夢みるえびふらい』を

 

発売することにいたしました。

 

 

発売日は「2=フラ、1=イ」にちなみ、

 

10月21日といたしました。

 

この度の取り組みの

 

もう一つのポイントは、

 

1セットお買い上げで

 

もれなくついてくる

 

あげっコBOX

 

 

あげっコBOXにフライを立てて

 

油を切ることで余分な油を

 

しっかり落とせるため、

 

より美味しく食べていただけます。

 

 

また、BOXの周囲には

 

すみっコぐらし™の

 

キャラクターが描かれており

 

食卓が楽しくなりますし、

 

少し気は引けるかもしれませんが、

 

役目を終えたあげっコたちと

 

バイバイすれば、

 

洗い物が減ってとても便利です。

 

 

えびふらいのしっぽや、

 

あげっコBOXのパワーで

 

子供たちが楽しく食卓を囲み、

 

健やかに成長されることを

 

心より祈っております。

 

 

<販売サイトはこちらとなります>

【通信販売】真イワシフライの販売を中止しました

「アジフライ以外にないの?」

 

とお問い合わせをいただく度に

 

ご紹介してきた真イワシフライ。

 

 

アジフライと同じくらい

 

当社の製造歴も長く

 

愛着のある製品です。

 

 

肉厚なのでボリュームもあり

 

食べごたえも抜群!

 

 

新鮮な原料をつかっているため

 

嫌な香りはしないと思うのですが、

 

アジフライに比べるとどうしても

 

人気が劣ってしまうのが現実です…

 

 

通信販売でも真イワシフライのみの

 

セットはほとんどご注文がないため

 

近年ではアジフライとのセットとして

 

販売して参りましたが、

 

それでも年間のご注文数は少なく、

 

この度、アジフライのセットも

 

終売とさせていただくこととなりました。

 

 

スーパーや業務用の

 

真イワシフライにつきましては、

 

ご注文をいただいたうえで

 

製造可能ですので、引き続き

 

法人さまからのご注文

 

お待ちしております!

 

スーパー等小売り向けの家庭用真イワシフライ

 

 

【通信販売】全商品が揃いました

長らく休売しておりました

 

KADOYAのアジフライ

 

および

 

角屋のアジフライ-Classic version-

 

の通信販売を再開しました。

 

 

ご家庭用だけでなく

 

業務用アジフライのご注文が集中し

 

数か月間販売を休止しておりましたが、

 

生産数量を増やすなどの対応により

 

ご注文にお応えできる量を

 

日々生産することが

 

できるようになりました。

 

 

今回の再開で全ての商品が

 

揃ったことになります。

 

 

ご迷惑、ご不便をおかけした皆様には

 

大変申し訳なく思っております。

 

 

今後も美味しいアジフライを

 

全国の食卓に安定的に届けられるよう

 

尽力して参りますので、

 

今後もアジフライカンパニーKADOYAを

 

ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社角屋食品

代表取締役角谷直樹

通信販売を一部再開いたします

大変長らくお待たせいたしました。

 

製造能力を上回るご注文をいただき

 

休止しておりました

 

自社サイトにおける通信販売を

 

8月17日より

 

一部再開いたします。

 

最も問い合わせの多かった

 

『すみっコぐらし™

ていねいな仕事のあじふらい』

 

通常版および映画版から順次再販します。

 

 

Amazonでの再販開始は

 

9月15日の予定ですので、

 

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

今後ともアジフライカンパニー

 

KADOYAをよろしくお願いいたします。

通信販売再開につきまして

いつも角屋食品のアジフライを

ご愛顧いただきまして

誠にありがとうございます。

 

また現在、通信販売を停止しており

多くの皆様にご不便、ご迷惑をおかけし

大変申し訳ございません。

 

目下、販売再開に向けて取り組んでおり

8月中には販売を再開する予定です。

 

まずは、通常版および映画版

「すみっこぐらし™

ていねいな仕事のあじふらい」

から再販する予定ですので、

もうしばらく

お待ちいただければと存じます。

 

大変多くの方から問い合わせがあり

嬉しく思う一方で、

心より申し訳なく存じます。

 

ご理解とご了承のほど

何卒よろしくお願い申し上げます。