アジフライカンパニー KADOYA - 角屋食品

会社概要

代表挨拶

角谷直樹

Naoki Kadotani

1979年生まれ 鳥取県境港市出身

1999年米子工業高等専門学校卒業。2005年神戸大学大学院博士課程修了。1年間の大学勤務を経て、味の素株式会社に入社。2015年に同社を退職し、角屋食品に入社。翌年より代表取締役。農学博士、経営学修士。

はじめまして。角谷(かどたに)と申します。

当社は2006年に創業した、まだまだ若い会社です。粗削りな部分もありますがその分勢いもあり、さながらベンチャー企業のようです。2016年より先代の後を継ぎ、代表を務めていますが、先代が遺した製品や製法、会社に対する思いや理念を大切にしながら、お客様のニーズや時代の要請に応えられるよう、新たな試みを続けています。

はじめまして。角谷(かどたに)と申します。

アジフライを食べる角谷社長

角屋の理念

価値を創造し、世界を変え、郷土に貢献する。

角屋食品がなぜ存在するのか?その価値は何か?当社の経営理念はその問いに対する答えであり、我々の行動と判断、意思決定の指針となっています。最高のアジフライを目指す姿勢はこの理念に沿ったものとなっています。

フライ工場内の様子

漁師さんが獲ってきた1匹のアジから最高のアジフライを造ることで、その経済的価値を極限にまで高める。アジフライの販売を通じて、進行する魚離れを少しでも食い止めると同時に、海外産を食べ慣れてしまっている日本人のアジフライに対する常識を変える。これらの業務を通じて地元境港の経済と水産業の振興に貢献し、鳥取県創生を実現する。
角屋食品はこれらのミッションを実現するために存在するのであり、世界と日本、地方と地域の発展のために事業を続けて参ります。

アジフライのある食卓

株式会社角屋食品

全国の都道府県の中で、鳥取県の人口は47番目。新幹線も通っておらず、2015年までスターバックスもありませんでした。かつて水揚げ量日本一を5年連続で記録した日本有数の漁港である境港も、2015年には5位まで後退しています。

そのような逆境の中で当社は最高のアジフライを目指し、不断の努力と挑戦を続けて参ります。山口県小郡からはじまったファーストリテイリング(ユニクロ)、札幌に本社を置くニトリ、長崎県佐世保から知名度を上げていったジャパネットたかた。彼らも元々地方の、それもありふれた産業の中にいた小さな会社でありました。それを、絶え間ない地道な改善と挑戦を続け、時代の変化に対応していった結果、今のような姿があるのだと思います。
当社もここ境港市の地の利と先代の遺した理念を礎とし、常に上を目指した事業を展開して参ります。まずは、アジフライで日本一になること。それは大手食品会社のような大量販売を目指すわけではありません。自動車メーカーのポルシェ、アイスクリームのハーゲンダッツのような位置づけになりたいと考えています。そのために、味、食感、見た目、品質、全ての面において他社のアジフライとは一味も二味も違うレベルにまで高める必要があります。今後の角屋食品にご期待ください。

会社概要

基本情報

株式会社角屋食品

鳥取県境港市竹内団地62

TEL.0859-45-3283

設立年月日
従業員数
2006年6月6日
38名2018年5月現在
役員
代表取締役 角谷直樹
常務取締役 柏木秀茂
主要取引先(順不同・敬称略)
株式会社銀座花のれん
東亜商事株式会社
三井食品株式会社
伊藤忠食品株式会社
国分グループ本社株式会社
株式会社トーホーフードサービス
株式会社ナックス
株式会社富士エコー
ケイ低温フーズ株式会社
横浜丸魚株式会社
株式会社ショクリュー
株式会社スリィ・サポート
東海澱粉株式会社
株式会社日本アクセス
協和物産株式会社
中村角株式会社
友田セーリング株式会社
株式会社さんれいフーズ
大幸株式会社
大海株式会社
有限会社別所蒲鉾店
公益財団法人島根県学校給食会
有限会社小倉水産食品
株式会社福栄
株式会社海産物のきむらや
取引銀行(順不同・敬称略)
米子信用金庫
株式会社山陰合同銀行
株式会社鳥取銀行
株式会社商工組合中央金庫
株式会社日本政策金融公庫
株式会社三菱東京UFJ銀行
株式会社中国銀行

会社沿革

2006年6月
角谷悦郎が株式会社角屋食品を設立(資本金600万円)
2007年7月
境港産アジフライ製造開始
2009年11月
土地、工場を取得
2010年4月
「みんなで選ぶ境港の水産加工大賞」にて優秀賞受賞
2016年2月
角谷悦郎の死去に伴い代表取締役に角谷直樹が就任
2016年3月
鳥取県男女共同参画推進企業に認定
2016年12月
自社CMを放送開始
2017年4月
新卒採用開始
2017年8月
鳥取県HACCP適合施設に認定
2018年3月
アジフライを使った料理番組「アジフライな時間」を放送開始
2018年6月
将来世代応援企業賞受賞
2019年1月
資本金を1000万円に増資