社員研修 2016

2016.07.18 BLOG

7月16日、角屋食品は創立十周年を記念し、研修旅行に行ってまいりました。訪問先のメインは株式会社ワールド・ワンさんが運営されている『山陰・隠岐の島ワールド』。同店のランチはありがたくもすべて角屋の製品で構成されています。

 

今回の研修旅行は、自分たちが日々製造している製品が「どこで、どのように、だれの、どんな思いで」使われているのか、当社の従業員のみんなに知ってもらうことが第一の目的でした。単調な作業ではなく、こだわりと誇りをもって製造してほしいという思いから企画しました。当社製品を商品として提供してくださっている方々ばかりでなく、食べて頂くお客様の姿を拝見できたことは、今後当社の品質をさらに向上させることにつながると思います。

 

もう一つがワールド・ワンさんの元気と活力を分けて頂くことでした。同店開店セレモニーに出席させていただいた際、初めて同社の朝礼を拝見し、店員全員が大きな声で社訓を唱和する姿にとても驚くとともに「当社の社員にも見てもらいたい」とすぐさま思いました。サービス業と製造業では求められるスキルが大きく異なるため、企業風土はおのずと違ってくるのが自然です。ですが、業界や会社を変わらなければそのことには気づくこともできません。異業種交流は気づきと刺激を得られる貴重な機会です。同社のご親切により朝礼に参加させて頂くことができました。「ハイ!」と大声を張り上げたり、「いらっしゃいませ!」「申し訳ございませんでした!」とお辞儀することがなかった従業員にとっては刺激的な経験だったに違いありません。きっと従業員それぞれの心に残ったものがあると思います。

 

ワールドワンさんは今回の訪問のために、いろいろ準備をしてくださっていました。当社名が書かれたカードをもって店内で待機されていただけでなく、『角屋フライ弁当』も始められるとのサプライズ発表も!!本当にありがとうございました。

 

今後も神戸の皆様においしいフライを提供し続けられるよう、社員一同力を合わせて頑張って参ります。また、ワールド・ワンさんとは山陰・隠岐の島ワールド2号店、そして『かどや食堂(仮)』の実現に向けて力を合わせて前進したいと思います!!

一覧に戻る