ベトナム ホーチミンの展示・商談会に参加してきました

2017.02.28 NEWS

JETRO主催の展示会・商談会に参加してきました。

ベトナムは日本からの水産物輸出が第4位(2015年実績値)であり、日本産水産物の有望な輸出先として注目を浴びています。

同国ではもともと川魚や甲殻類などのシーフードを食べる習慣があるほか、在留邦人数は過去10年で3倍に増加したことや、メイドインジャパンの信頼性から日本産品は好評を得ており、日本食の需要が高まっています。

角屋食品のLogoにも記されているとおり、当社は 『鳥取の味を世界へ』 広めていくことをコーポレートミッションに掲げています。ベトナムはその第一歩を踏み出す有力な候補だと考えています。

当日は現地バイヤー(輸入業者、小売業者、レストラン関係者など)が角屋食品のブースに来てくださいました。現地ではアジフライはまだ珍しく、多くの企業様に興味を持っていただきました。

今後は輸出を視野に入れ、工場登録や輸出スキームの構築を行ってまいります。

一覧に戻る