アジフライカンパニー KADOYA - 角屋食品

【山陰に生まれてくれた赤ちゃんへ】はじめてばこに協賛しています【Hello!! Dear Baby】

 今年度より、株式会社角屋食品はBSS 山陰放送が主催する “はじめてばこ” に協賛しています。はじめてばこに入っている応募はがきを当社に送って頂けますと、もれなく『ていねいな仕事のアジフライ』を2パックお送りしています。

 

 

 

 

 

 

 山陰には古事記や日本書紀にも記されている出雲大社隠岐諸島開山1300年を迎えた大山などがあり、長い歴史をもつ地域ですが、日本の近代化が進むにつれ貿易や産業の拠点が太平洋側に移っていき、山陰の活気は少しずつ減ってきました。

 

 

 今では鳥取県の人口は都道府県の中で47番目。島根県は46番目。

 

 

 山陰地方は日本の中で人口がもっとも少ないエリアの1つです。

 

 人口が少ない地域には、企業も国も投資を控えます。

 

 山陰には今でも新幹線は通っておらず、山陰の東西を結ぶ高速道路も完成していません。

 

 

 サイゼリヤも、松屋も、山陰にはありません。

 

 

 娯楽施設や働く場所は増えないばかりか、近年ではむしろ減っていき、若者は不便で楽しみの無い地域から、楽しく活気あふれる都会へと流れていきます。

 

 

 

 

 

 

 そんな山陰でも、私たちにとっては大事な故郷。

 

 

 私たちは、自分で選んだわけではないですが、この地に生まれ、この地で育まれました。

 

 

 私たちはこの地を守っていきたい。

 

 

 大切なものを次の世代に受け取ってもらいたい。

 

 

 そんな思いを、ずっと抱いてきました。

 

 

 いま、やっと、心から言葉にできます。

 

 

 

「山陰に生まれてきてくれて、本当にありがとう」